乗車日記

自転車ときのこ

山家集

屋根の上に登ってお月見。

夢想していた月の光での読書は無理だった。

 

数へねど今宵の月のけしきにて秋の半ばを空に知るかな

 

ながむるもまことしからぬ心地してよにあまりたる月の影かな

 

ながむればいなや心の苦しきにいたくな澄みそ秋の夜の月