乗車日記

自転車ときのこ

M山

昨日昼まで寝ていたせいか、なかなか寝付けず。あまり寝ていないが、5時半に起きて出発。M山へ。八人ほど集合。峠を一つ越えて林道へ。暗い。登っていくにつれて雪が見えてくる。

いつもの腰掛けきのこにも雪。

上の尾根の風が抜けるところは恐ろしことになっていた。


あらかた木が倒れて、道どころではない。
しかし、ここを抜けるとあとは快適。友人たちが2回ほどきて掃除してくれているとのこと。
一つ目のくだりはU字断面のボブスレーコース。楽しく下り終えたら、前輪からプシューという音。
穴が開いて、パンク防止剤が漏れ出していた。しかし、穴を一番下に持って行ったら、防止剤が穴を塞いでくれた。少し空気を足して出発。その後は全く問題無し。
二本目の下り。楽しく走っていたら急に後輪がロック。幸い事故は無し。後輪のスポークの間を突き通すように太い枝が突き通って、自転車のフレームに当たって後輪が回らないようになっていた。どうやったら走っている間に自分で巻き上げた枝がホイールの真横からつき通るのか。全くわからない。
この後、集中力が切れたようで、前輪が滑ること2回。ラインを踏み外して斜面側に落ちること1回。まあでもかすり傷程度で済んだ。
山を降りた後、帰る途中に息子が通っている将棋教室によって先生に挨拶し、帰宅。
残っていた仕事を片付けた後、子供を連れて神戸の実家へ帰宅。

広告を非表示にする