乗車日記

自転車ときのこ

愚管抄、北条義時、うどん、新選組展

愚管抄と北条義時を読み終えてから、四国のよしやで大分前に買ってきた「自分で出汁をつくるうどん」を作って食べ、2時ごろから新撰組展へ。 慈円大僧正は割と後鳥羽上皇に辛い。それと実朝暗殺の際に義時がどこにいたかの記述が、愚管抄と吾妻鏡で違うのが…

三方五湖と熊川宿

日曜日に三方五湖のあたりに行ってきました。美浜までは電車。そこからは、折りたたみ自転車のブロンプトンに乗って年縞博物館へ。 三方湖水月湖も見ました。とても穏やかな水面でした。 年縞というのは湖の底に溜まる泥の層が季節ごとにかわるために生じる…

後鳥羽院の都市政策と水無瀬殿

後鳥羽院の都市政策と水無瀬殿という講演会に行ってきました。今の水無瀬神宮から山の辺りまでに至る広い区域に複数の御所や馬場などが作られていたそうです。水無瀬神宮は一番最初にできた御所の跡地に当たるそうですが、区域はほぼ当時の領域らしいです。…

9月4日 菅浦

実は7月ぐらいから自転車のブロンプトンで色々と旅行に行っていたのですが、世間様の様子を見るとあまりブログに載せるのもどうかと思って静かにしていました。まあそろそろ落ち着いてきたかと思いますので、ぼちぼち書いていきます。9月4日の日曜日には琵琶…

新三田から陶芸美術館、篠山城跡、自宅

今日は新三田まで電車で行って折り畳み自転車に乗り換え、兵庫陶芸美術館でルネ・ラリックのガラス工芸を観賞。 それから隣の陶器市のようなところで飯碗を買いました。 この陶芸美術館、なんでこんな不便なところにあるのかなと前から思っていたのですが、…

ブロンプトンのフロント2速化

随分と右往左往しましたが、フロント2速化に成功しました。これで山道もすいすい登れる予定です。

今日のきのこ

一乗谷へ

読了、南柯紀行

南柯紀行だけ読了。前半は大鳥圭介が幕府歩兵隊と脱走し、箱館戦争が終わるまでの日々の行動を記述した手記。解説にあるように明治三十年ごろに、何らかのメモをもとに大鳥圭介が書いて「旧幕府」という雑誌に掲載したもの。後半は、箱館戦争後に東京の牢に…

慶応四年正月

慶応四年の伏見の戦いの開始直前の状況について、これまで調べたことをまとめてみました。 重要ポイントは奉行所西側の南北の通りの位置と、最大の激戦が交わされた北柵門の位置。この辺りはこれまでの研究でも十分な考察がなされていないと思う。(ただし、…

古文書

鳥羽・伏見の戦いについて調べていて、原史料を読みたくなり、崩し字を勉強中です。内閣文庫に慶明雑録という文書集があって、そこに戊辰戦争時の部隊の報告書などが丸っと集められていて、さらに国会図書館のデジタルアーカイブで読めるのです。慶明雑録の…

自作チーズ

自作チーズ11個目。固めてから塩を入れるのを忘れていたので、一週間ぐらいしてから塩水につけて塩分を加えたもの。その時にカビが死んでしまったのか、表面にカビが生えず。リネンス菌だけが増殖したようで、すごい匂いがします。ブリードモーやカマンベー…

花筏

疏水で花筏を見て、金戒光明寺の会津藩のお墓にお参りして、吉田山で本を読んで、にしむら酒店で日本酒を買って帰りました。 真如堂の石碑。たてかわさくら。今週一週間くずし字の勉強をしていたら読めるようになっていました。嬉しいです。 昼から山本覚馬…

伏見

土曜日は自転車仲間と早朝から伏見の桜を見て、その後、トレイルライド。 帰宅して、御昼寝して、近所の京都市立図書館に、取り寄せてもらっていた資料を借りに行きました。 戊辰戦役史 上下、新撰組資料大全、浪士文久報国記事の4点。めちゃくちゃ重くて、1…

轀輬車の車輪について

日曜日の兵馬俑展でみた轀輬車の車軸と車輪について考えてみました。 どこまでが出土品を再現したもので、どこからが復元時に補完したものか知りませんので、以下は戯言です。まず、車軸は車体にがっちり固定。サスペンションはなし。車軸は回転せず、車輪の…

兵馬俑展

昨日は兵馬俑展へ。轀輬車の1/2模型を見ることができて予想外の喜びです。出土品ではなく複製品でしたが、迫力十分。項羽と劉邦や史記で耳にし、考古学書の白黒写真で兵馬俑からの出土品の写真を見て目にしたことはありましたが、立体物を見るということは全…

シルバー文鳥お迎え

先週の日曜日にシルバー文鳥を二羽お迎えしました。 来た時はまだ赤ちゃんという感じ。 最初は人間が餌をやっていました。しかし、シナモン文鳥のクッキー君が雛に興味をもちはじめ、口を突っつき始めました。他の文鳥も突っつくので同じように威嚇している…

フェンス塗り替え

フェンスを塗り替えました。ドアのところが予想外に複雑でずいぶん時間がかかりました。全部で9時間ぐらいです。でも綺麗になって気持ちが良いです。 左のフェンスを塗り終わったところ。 一応全部終わったあと。実はペンキがなくなってしまい。右のフェンス…

口縄坂

昨日の日記にも書きましたが、二上山からの帰り、阿部野橋で電車を降りて少し北上し、口縄坂を見てきました。司馬遼太郎氏の「燃えよ剣」で、土方歳三がお雪さんという恋人が束の間の逢瀬を過ごす場面で出てきます。私はなぜか石切あたりの旅館の話だと思い…

近つ飛鳥博物館

オホーツク文化展が3月20日までと知り、慌てて南大阪へ。近つ飛鳥というのは難波宮か堺あたりからみて近い方の飛鳥ということらしい。いわゆる奈良の飛鳥村は遠つ飛鳥。アスカとはどういう意味なのかはよく分かっていないようです。 でも平安京からは全然近…

天神川

幕末の京都の地図を調べていて、川の流れが現代と大きく違うことが気になっていました。 立命館大学アートリサーチセンターの近代京都オーバレイマップ(https://www.arc.ritsumei.ac.jp/archive01/theater/html/ModernKyoto/)の明治25年の地図を解読していく…

寄付

政治信条の話はSNSでは避けたいところですが、こればかりはお許しください。私は力だけがものを言うような世界は御免です。このところ暗い方向に向かい続けてきたこの世界の流れの中で、ウクライナの人たちは私たちの代わりに戦ってくれているようなものだと…

伏見巡り

日曜日は奉行所跡の調査をするために伏見に行ってきました。川島から本願寺西山別院の横を通って下津林、上久世と昔の道をできるだけたどりました。下津林は現代の主要道路から見ていると何でもない感じですが、昔の村の中を通る道沿いは立派な家がたくさん…

まだ寒い

今日から暖かくなるというので5時前に起きて朝ライドに出発。しかし、とても寒い。山に登る道にある電光掲示板はマイナス4℃の表示。そりゃ寒いわ。 山中には雪が結構残っています。滋賀県側に降りて、山中越えを戻って山科に降り、また山を越えて左京区に帰…

読了、鳥羽伏見の戦い。

各所の戦況の解説をする上で、典拠の原文を引用してくれているので、大変ありがたいです。伏見奉行所を巡る戦いでは、薩摩、会津、新撰組の報告が何だかずれていて、同じ事象について述べているのかすらよく分からない。地図上に当時の地形を再現して、辻褄…

カマンベールチーズ

12月末に牛乳を固めて、それから熟成させていたカマンベールドノルマンディー入りのチーズですが、2ヶ月近く経ったので食べてみました。 かなりカマンベールな味で、なかなかいけます。元チーズと比べると固めでとろっとした感じがありませんが、味は似てま…

鳥羽・伏見の戦いの資料

先日から興味を持って鳥羽・伏見の戦いについて調べています。書庫を見ると保谷先生の「戊辰戦争」がありました。他の資料は先週金曜日に入手。野口先生の「鳥羽伏見の戦い」を読み始めていますが、かなり詳しいです。直接資料の手記などの重要箇所をそのま…

黒牢城

読了、黒牢城。期待を大きく上回る内容でした。 登場人物達の中身が現代人ではないので、謎解きも通常のミステリーとは勝手が違うのが面白いです。 また、伊丹有岡城の籠城戦の推移の記述としても随分興味深い内容でした。 出版された頃から気にはなっていた…

鳥羽伏見の戦い

先週の日曜日は関西シクロクロス最終戦、桂川。レースには出ていないのですが、応援に行ってきました。久しぶりに会う友人と話したりして楽しいひとときでした。 そして帰りに鳥羽伏見の戦いの鳥羽の方の跡地を見てきました。現地に行くと鳥羽街道が桂川の堤…

ブロンプトンでお買い物

この時期はいつも仕事が忙しく、土曜日も夕方まで色々とやっていました。まあ最近は家で打ち合わせできるので気は楽です。 5時前に終わって外を見ると意外に明るいことに気がつきました。二条城近くのフロマージュドミテスまでチーズを買いに行こうと決意。…