乗車日記

自転車ときのこ

「香り」の科学読了

香水のお話が多いです。色相環の香り版のようなフレグランスホイールについて、初めてしっかり学びました。だいたい言葉の説明で想像はできますが、香りの相に対応するサンプルが入ったセットなどがあると嬉しいです。どこかで売ってませんかね。

分子構造と香りの関係についても詳しく書かれていました。少し構造が違うだけで香りが変わったり、構成分子は同じでも鏡像対称になるだけで香りが全く違ったりというのが面白いです。まあ嗅覚細胞の受容体が分子と直接相互作用して検出しているのですから、分子の形によって変わるのが当たり前と言えば当たり前ですが、自分を構成している細胞のことであっても、自分には何をしているのか分からないわけで、不思議なのも当たり前です。

ところで化学って、原理なしの天下りで覚えるばかりという印象があってどちらかというと嫌いだったのですが、最近は放送大学の講義を色々聞いて好きになってきました。量子力学と熱力学をやってから化学を見ると随分と印象が違います。そいうえばどこかの先生が、化学は大学に入るために必要な能力と入ってから必要な能力が全くずれているというようなことを書いていた気がします。

飲み会、高丘親王航海記、丸々坂

昨日は台風が来るというのに自転車仲間の宴会。



自家製タコスや鳥の丸焼き、お酒も豊富で楽しかったです。雨はそれほどでもなく、10時半ごろに無事帰宅しました。

今日は昼過まで読書。

高丘親王航海記に引き込まれるように一気に読んでしまいました。澁澤さんの本はいくつか読んでいますが、こんな経験は初めてです。
ところで高岳親王が出てきたのはライシャワー氏の「入唐求法巡礼行記の研究」の方ですね。平城天皇の御子なので、円仁さんより先かと思い、混同していました。

3時ごろからロードレーサーで亀岡へ。コンクリ舗装のために仲間内では丸々坂と呼んでいる逢坂峠越えで。


標高は暗峠と同じぐらいですが、こっちの方が断然楽ですね。急なコンクリ舗装は最後の200mほどだけなので。まあそれでも十分きついのですが。小塩山の裏側に出ると、道が川になっていました。表側は乾いていたので、マウンテンバイクで山に行った方がよかったかなどと思いながら登っていたのですが、やはり舗装路にしておいて良かったと思い直したわけです。
山裾の道を抜けて高槻に入ると、ここからは広い道で車も少なく、思い切り走れます。風圧を感じながら走って、八田里の野菜販売所へ。バターナッツがあったので購入したのですが、大き過ぎてザックのサイズギリギリです。帰りの老ノ坂では事故があったようで、レッカー作業のため通行止め。そんなに壊れていなかったので、乗っていた人は大丈夫だとは思いますが。

久しぶりのバターナッツは濃厚で甘く良い味でした。ちょっと作りすぎたのでしばらくバターナッツ三昧です。


昨日の仕入れ

昨日は文鳥の餌を買いに大丸へ。ボレー粉その他を購入。

お隣の旅行コーナーで、先日博多で見た豪華客船のツアーの看板を見つけました。6万円からなら手が届きますね。もっと高いのかと思っていました。


京都物産展をやっていたので、和束のお茶と、松野醤油の醤油と、丹波鹿の燻製を購入。

鷹ヶ峰の松野醤油さんは、いつも朝ライドの時に前を通っているのですが、朝早すぎてお店が開いておらず、今回初めて購入することができました。

もう一階下で、湯呑みを購入。

烏龍茶を飲む時の良い茶器がなく、何か欲しいと思っていたので。

その後、ジュンク堂で本の仕入れ

入唐求法巡礼行記で高岳親王の話が出ていて、思い返していたところ、思わず新装版に遭遇。
興亡の世界史のローマ帝国の部は持っているのかいないのかわからなくて困りましたが、先日の書庫整理の際にとって置いた本棚の写真から在庫が確認できました。

やたらと高解像度な写真はこういう時に役に立つということを知りました。

そのあとはヴィノス山崎でワイン。予約をしたら、イチジク入りチョコレートがサービスで出てきました。

パテドカンパーニュがワインとよく合います。

きのこにも出会いました。

白を中心に色々テイスティングしたのですが、結局、赤を2本買って帰りました。一本は明日の飲み会用。


2本目の方は昨晩半分ほど飲んでしまいましたが。

今日は雨だと思っていたのに、全然降りません。先ほどK坂で1時間ほど走ってきました。そろそろワインと鹿肉を持って飲み会に向かいます。