読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗車日記

自転車ときのこ

MRI

昨年末の人間ドックで腫瘍マーカーというのをやって貰ったら、肝臓のやつがちょっとだけオーバーし、再検査してもオーバーしていたのでMRI検査へ。確かに最近、飲みすぎている気もする。とはいうものの超音波も他の肝臓の数値も全く問題ないので体質の問題である可能性も大。まあMRIというものを見てみたかったので行ってみた。
しかし、部屋に入ってすぐに眼鏡を回収されてしまい、全く見えない状態に。。。かろうじてその前にでかいトンネルの入り口にジーメンスという文字が見えたぐらい。うるさいと聞いていたけれど、腹部の撮影なのでヘッドフォンをつけての測定なのでそれほど耳には聞こえない。30分もあって退屈で、むしろ途中で一瞬寝てしまい、息を吸ってくださいと注意された。
まあ体験して分かったのは、1.5テスラもの強力な磁場をかけられても全然わからないということ。私には磁場は捉えられないようだ。道理でコンパスがないと方角がさっぱりわからないのも頷ける。それから高周波コイルがやたらと振動するということ。それにしても核磁気共鳴周波数のコイルが何で人間にわかるような低周波の振動を出すのかなと思っていたが、帰って調べるとあれは磁気スピンを倒すための高周波コイルではなくて、空間分解能を出すために場所ごとに静磁場の大きさを変えるための傾斜磁場コイルの振動ということだった。空間スキャンをするぐらいの周波数なのだから、まあ人間にわかるということだし、場所ごとの共鳴周波数の差を大きくするには大きな磁場をかける必要があり、やたらと電流を流すのでローレンツ力で振動するということだろう。
あと造影剤のガドリニウムというのも気になった。水素の核磁気共鳴じゃないのかと病院の人に聞いてみたら、ガドリニウムが入ると磁気スピンの緩和(倒したあと元に戻るスピード)が速くなるので、注入前と後を比較すると見やすいとのこと。つまり造影剤をいれるとすぐにそれが回ってくる血管部分を強調して見るという方法のようだ。
画像を撮った後の医師の説明で、肝臓の中に血管以外の黒いところがあるとまずいということを言われたが、後から考えるとガン細胞も周りの血管を増殖させるので、造影剤でそれがよく見えると言うことかな。事前の説明でもX線CTよりもMRIのほうが肝臓ガンはよく見えるということだった。
ともかく肝臓の画像には問題はなく、体質的にそのマーカーが出やすいのでしょうという結論で無罪放免。画像を見た感じは肝臓というのがやたらと大きいというのが印象的だった。結構払ったので記念に写真の一枚も欲しいところだけれど、それは貰えなかった。
まあこれでまた安心してお酒が飲めますが、あまり飲みすぎないようにしようと思います。

お掃除ライドのちバイユーの綴れ織り

ライド

昨晩は鼻が詰まって半分ぐらいしか眠れず。何とか5時におきて出発。途中でいいかげんなパンク修理の個所から空気がもれはじめ、2回ほど空気を入れつつ集合場所のコンビニヘ。瞬間接着剤を買って修理。不安でしたがばっちり塞がりました。
ここから舗装路で峠を2つ越えて、目的のシングルトラックへ。千と千尋のようなトンネルを抜けて行きます。人数がそこそこいるので大きい倒木も処理しながら前進。前には思いもしなかった場所に道を見つけたりしながら楽しく走りました。

それにしても凄い花粉です。結界に入った如く、体が重くなって動きが鈍くなってきます。なんとか抜けだして一山越えて帰宅。3時間ほど寝たらかなりすっきりしました。
それから「バイユーの綴れ織りを読む」を読了。

ノルマンコンクエストの記録を綴った69m×50cmのタペストリです。二十数年遡るインターネット黎明期に最初に見たウェブサイトにこのタペストリが載っていて、世界が変わっていくことを感じたことを思い出しました。
今回、この解説で全体を理解することが、ようやくできました。先日読んだアングロサクソン年代記の訳のわからない所も理解できてすっきりしました。図像的にはフランフ人が刈り上げ短髪で、イギリス人が長髪髭つきと言うのが興味深かったです。いつかフランスで本物を見てみたいものです。

松坂ライド

ライド

昨日は出張の疲れでライドなし。パンク修理など。
今日は友人たちに誘われて松坂へ。Kさんの秘蔵トレイルを走らせていただきました。
5時半出発。Gさんに乗せていただいて8時過ぎに松坂。遠くに紀伊山脈の山が見え、近くには小さい山がいくつもいくつも。舗装路で移動してから上ったり降りたり。いつの間にかスタート地点にたどり着いていました。大変楽しく走れました。

上りは超劇坂が3つほど。普段の筋トレのおかげで上り切ることができました。
下りは乾いていて滑りやすく、どうもうまく行きません。前を走るMさんからカーブの度に離れてしまいます。自分はブレーキのタイミングが遅く、カーブの途中に補正のブレーキをかけているようで、それが後輪のスリップを誘発しているようです。また初期スピードが速すぎて、前輪がカーブの負荷を支えきれずスリップしたりというのもあります。
カーブに入る前には原則を終えていないといけないのに、それができていないのです。普段はブレーキの性能と太いタイヤのグリップで誤魔化していますが、ギリギリの状況にくるとボロが出ます。もっとブレーキをかける位置と量を意識しては知らなければならないと思い知られた1日でもありました。
花粉の方は舌下免疫療法のおかげか走っているときは大丈夫でしたが、家に帰ってアルコールを入れると鼻水ずるずるに。アルコールとの併用は良くないようです。