読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗車日記

自転車ときのこ

お祝い

たべもの

娘が頑張ったので、今日はお祝いに近くの「角倉」さんにお食事に行って来ました。

数の子ではなくて、柚子の皮のお寿司。卵ではなくて金柑です。昆布に巻いたすじ肉の煮込みもとろっとして美味しいです。この前に風呂吹き大根も頂きました。



丹後のお酒、玉川・祝い。



椀は小蕪の中に平目。そのなかにお餅。ゆりねと銀杏も。



お造りは鯛と鮪と帆立。



安納芋と紫芋のかき揚げ。蒸してから揚げてあるそうで、甘みが広がります。



小芋の炊き込みご飯。だし巻きも驚くほどふわっとしています。



デザートはデコポンと苺とゆり根のゼリー合わせ。

お座敷でゆっくりできて、食事を堪能できました。

文鳥フィギュア

作品

娘が文鳥のフィギュアを作りました。

最近、抱卵中のマリーに構ってもらえないチュンは興味があるようです。


トルコ捨て駒スパイ事件 リヴァイアサン号殺人事件 読了

土日で読んだ。前者は露土戦争を舞台にしたスパイ物。後者は豪華客船に乗り込んだ犯人を当てる捜査。前回のアザゼル事件の後遺症で主人公の美青年の元気がないのが残念だか、どちらも面白い。毎回、スタイルが全く変わっているが、どれも国際性豊かで、裏のテーマに19世紀のロシアと世界文明の発展の関係というのがあり、それが薄っすらと影を落としているのもよい。
ロシア文学を知っていると、もっと楽しめるらしいけれど、あいにくこれまで挑戦したものはどれも途中で投げてしまっている。これを機会にもう一度試してみても良いかも、と思った。